オルニチン研究室

研究4

飲酒習慣のある方を対象とした試験

ストレスにも、オルニチンは効果的!飲酒習慣がある勤労者を対象に、オルニチン含有食品の摂取が疲労に及ぼす影響についての検討試験を行いました。その結果、疲労に関する主観的評価およびストレスマーカーによる客観的評価において、 オルニチンの有意な疲労軽減効果が45歳以下の被験者で確認されました。

飲酒習慣のある勤労者を対象としたオルニチンが疲労に及ぼす影響の検討試験

被験者

以下の全ての条件に該当する男女42名。
・飲酒習慣(ミドルユーザー以上※1)を有する
・勤労者
・健康診断の肝臓検査値が軽度高値
・POMSアンケート(気分プロフィール検査)で疲労スコアが高く(50以上)、活気スコアが低い(50以下)

※1 ビールを毎日コップ1杯以上、または1日おきに350ml以上、または週1,2回大ビン1本以上の飲酒習慣。

試験食品

オルニチン400mgまたはプラセボ※2

※2 プラセボとはオルニチンの入っていない試験食品のこと。

試験方法

被験者を2グループに分け、いずれかの試験食品を8週間毎日摂取した。試験開始時から1週間ごとにアンケート調査※3を行い、疲労の自覚症状を確認した。また、血清DHEA-S値と血清コルチゾール値を測定し、その比率※4を比較した。途中辞退者、摂取開始時に疲労スコアが50以下であった被験者を除いた34名で解析を行った。

※3 OAS睡眠調査票MA版。起床時に睡眠の質を問うアンケート。
※4 血清DHEA-S/血清コルチゾール比は生体のストレス状態を示すマーカーの1つとして知られている。

飲酒習慣のあるお疲れ気味オフィスワーカー 男女42名

アンケート調査 ・測定[1人8回実施]

試験結果

オルニチンで疲労が改善、ストレスが軽減されました

45歳以下の被験者において、オルニチン摂取グループでは、起床時の疲労回復自覚症状の改善効果があることがわかりました。また、ストレスマーカーである血清DHEA-S/血清コルチゾール比からも、オルニチン摂取グループの方が8週目ストレス状態が低いことが確認されました。

この試験の結果から、オルニチンには疲労やストレスを軽減する効果があると考えられます。

起床時の疲労回復自覚症状の推移・血清DHEA-S/血清コルチゾール値

出典:久留米大学 津田彰 ら